無添加

ドッグフードに使える密閉容器

ワンちゃんが毎日食べるドライフードは、大きな袋のものを購入する人が多いと思います。
何頭か飼っていたり大型犬であれば、消費スピードも早いと思いますが、あまりたくさん食べない小型犬だとなかなか減らなくて、悪くなってしまわないか心配ですよね。

ドッグフードには油がたくさん入っているので、空気に触れてしまうと酸化してしまいます。
1ヶ月くらいで使いきるなら良いですが、あまり保存期間が長くなってしまうと良くないですよね。
湿気の多い梅雨時や、気温の高くなる夏場などは特に腐りやすいので気をつけて保存しなければいけません。
すぐに食べきれる量のものを買うのが一番良いのですが、なかなかそうはいきませんよね。
そういう場合は、保存方法を工夫しましょう。

ドッグフードを劣化させないためには、高温多湿を避けてなるべく空気に触れないようにする必要があります。
ドライフードに最も適した保存場所は冷蔵庫です。
ジップロックなどに少量ずつに分けてから、冷蔵庫に保存しておくのが一番長持ちする保存方法でしょう。
ですが、冷蔵庫をドッグフードに占領されてしまうのは困るという人や、中には食べ物を入れる冷蔵庫に入れておくのは抵抗があるという人もいますよね。
床下収納などがあれば良いですが、無いという家も多いと思いますので、容器の方も工夫してみましょう。

酸化というくらいですから、空気になるべく触れないようにするのが一番の対策です。
1回分ずつ真空パックするのもいいですが、お金も手間もかかります。
今は家庭用の真空容器というものがあり、ポンプなどを使って容器の中の空気を抜けるので、酸化を最小限に防ぐことができます。
電池式などワンタッチで真空にできるものもあります。
真空ではなくても、しっかり密閉できる容器にシリカゲルなどの乾燥材を入れて使用してもいいでしょう。
ドッグフード用にスコップがついていたり、乾燥材を入れるスペースがあるものなどもあります。

毎日あげるドッグフードなので、手間のかかる保存方法ではだんだんめんどくさくなってやめてしまいがち。
今は便利な保存容器がたくさんありますので、予算や置き場所などに合わせて、真空タイプや密封タイプなどを使い分けてみてください。