冷凍ドッグフードのメリット
無添加

冷凍ドッグフードのメリット

ドライタイプのドッグフードの利点は安いこと、スーパーなどで手軽に手に入ること、常温で保存ができることなど様々だと思います。
確かに主食として毎日使うということを考えると大きなメリットです。
では、冷凍のドッグフードのメリットとはなんでしょうか。

私たちが食べるものもそうですが、作ったものをすぐに冷凍すると、保存料などを入れていなくても長持ちします。
ドライフードは常温で長期保存ができるというメリットがありますが、そのためにたくさんの防腐剤や酸化防止剤などの保存料が入っています。
このような添加物はワンちゃんの身体には良くない物もあります。
冷凍タイプであれば保存料は使用していないか必要最低限でおさえているので、ワンちゃんの健康を考えると安心です。

ワンちゃんの健康管理のことを考えると、手作りのご飯をあげるのが一番良いとよく言われています。
ですが、実際には毎食手作りするのはとても大変です。
ワンちゃんに必要な栄養を考えながら作るのは素人にはなかなか難しく、作ってあげたいけど作れないという人も多いと思います。
冷凍タイプのドッグフードは、ドライタイプのものとは違い、より手作りに近くなっています。
過剰な加工をせずできたてを冷凍することで、食材に含まれる栄養素を極力壊さずに作れるので、余計なものを添加する必要もありません。
味も良いので、ワンちゃんが好んで食べてくれるという傾向もあります。

ドライタイプの安いドッグフードはかさ増しのために色々なものが入れられていて、それが原因でお腹を壊すこともあります。
下痢になるのを防ぐために、便を固める成分が入っているものも多く、下痢になっても気付かなかったり、便秘になってしまうこともあります。
冷凍のタイプはフード自体が水分を含んでいるので消化も良く、便を固める成分が入れられていることはありません。
なので、ワンちゃんの健康状態を便で判断しやすいというメリットもあります。

値段が高かったり保存場所が難しかったりして、なかなか手が出しにくい冷凍タイプですが、ワンちゃんにとってはメリットがいっぱいです。
湯煎や電子レンジなどで簡単に調理できるので、市販のドッグフードに不安があって本当は手作りしたいけど難しいという人にはとてもおすすめです。